fc2ブログ

14年振り

災害復旧工事も完了していたようで、冬季閉鎖が解除されて通行可能になったR299十石峠。
晴れの週末に行こうと思っていましたが、今日は晴天とまではいかなくても雨が降らなさそうなので行ってきました。
国道走行としては14年振りです。

R299

通行可能になって2週間しか経っていないため路面はきれいだったと言いたいところですが、アスファルトの凹凸が多く、走行に支障のない大きさの落石もありました。
梅雨が長かったり雨量が多かったりしたらどこかが崩れて通行止になるかもしれません…。
その可能性を考えて、思い立ったが吉日とばかりに日帰り強行軍で行った次第です。


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/05/15(日)19:18

東北6県遠征

4月28日の夜から5月4日の未明にかけて東北6県の国道を走行してきました。
一度の東北訪問で6県すべての国道を走行したのは初めてかもしれません。

●4月29日(金)●
R121 R121
10年弱振りの再走行。
前回2012年は関東在住だったため比較的容易に栃木県益子町に行けたが、今回は京都からひたすら高速道路を走って9時間近くかかっている。
会津縦貫道が開通していたが、それ以外に大きな変化はない。
日光杉並木の一部が車両進入禁止になったためバイパスを通らざるを得なくなっている。重複しているR352は通行不可区間のみパスしたが、今回はバイパスを走行。
その他、大谷向駅付近は旧道、鬼怒川温泉付近はバイパスを走行した。

走行後は北上して岩手県北上市で宿泊。
山形県内に泊まってR112を走行したかったが、月山道路の現道区間の冬季閉鎖が未解除のため断念。


●4月30日(土)●
R343 R343
R121に続いてこれも再走行。前回は2013年8月に走行している。
東北地方の南部山間部を中心に季節外れの降積雪に見舞われる。
轍部分は融けているが夏用タイヤでは心許ない積雪状況だった。しかし、今年は履き潰すためまだスタッドレスタイヤだったのが幸いして問題なく走行できた。例年なら撤退なり予定変更を強いられていただろう。

R340 R340
複数箇所でバイパスが供用されており、酷道度が低下していた。
立丸峠の旧道は閉鎖。押角峠の旧道は閉鎖こそされていなかったが、積雪していたため進入しなかった。

なお、立丸トンネルの南の積雪状況が↓である。
R340の積雪状況
さすがにスタッドレスタイヤでなければ厳しい箇所がいくつかあった。
また、季節外れの降雪のため雪が重いのか、路外から木が傾いていたり路面に落ちていたりと雪以外の状況も悪かった。


●5月1日(日)●
R346 R346
当初は3日目にR398を走る予定にしていたが、雨の予報だったため4日目の予定を入れ替える。
天気予報通り、仙台近辺の降雨時間が他と比べて遅かったため何とかR346は完走できた。
R456、あわよくばR455も走れればよかったが、R456の途中で雨が降ってきたため走行を断念しました。
その後は秋田県由利本荘市までひたすら下道を走行。冬季閉鎖明け直後のR342の栗駒峠を越えたが、法面等にはだいぶ雪が残っていた。


●5月2日(月)●
R398
11年振りの再走行。
東日本大震災の8ヶ月後だったため、太平洋側沿岸部は生々しい被災状況だった。道路はほぼ復旧しており、一部ではさらにバイパスも建設中だった。
前日に栗原峠を越えており、冬季閉鎖が解除された事は確認していたが、17~翌9時の夜間通行止規制が敷かれていた。
そのため、湯沢市の大湯ゲートで2時間も待つ羽目になった。宮城県に行くだけなら迂回すればよいのだが、国道トレースであれば待つしかない。なお、この夜間通行止規制は5月5日まで(=6日の朝9時まで?)のようである。


●5月3日(火)●
R49 R49
今回の遠征で唯一の新規国道。
ゴールデンウイークとは言え交通量もさほど多くなく順調に走行していたが、西会津町辺りから断続的な通り雨に遭遇。
チェーン着脱場などで時間調整をしたため徐々に交通量も増え、雨の時間も多くなったことから阿賀町のR459津川インター入口交差点以西は別の日に走行する事にして帰宅の途に就く。
新潟県内で宿泊しても良かったが、さすがにゴールデンウイークの当日に宿を探すのは無謀だった。


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/05/04(水)15:22

儀式

車を買い替えたため、例の場所までプロフィール写真を撮りに行ってきました。
プロフィール画像

ここに行く唯一のルートが岐阜r353。
国道に接続しているとは言え、東西方向どちらも通行不能なので、通行する車両が非常に少ない事は容易に想像できる。
路面は落葉だらけで、通行に支障はなかったものの落石も多かった。車高をかなり落としていたり、エアロパーツが付いていたりするとと除去作業が必須になると思われる。

新丸山ダムの完成予定が2029年度。
過去の買い替えサイクルを考えるとあと1回はここに来なければならないかな。
もっとも、ダムが完成するよりも先に進入禁止になる可能性もあるので、今回が最後の訪問になるかもしれない。

>>続きを読む


コルト2 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/04/17(日)18:15

コルト快適化

本日はラゲージランプの取付とドライブレコーダーの入替えを行いました。
ルーフトリムを剥がさなければならないのでついでにデッドニングもしています。ルーフだけではなくシートを外してフロア下も施工。
これで先代コルトと同様の静粛性を持つようになりました。
と言いたいところですが、片付けが終わった後にバックドアのデッドニングが残っている事が発覚。これは後日行います。
ラゲージランプ


コルト2 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/04/10(日)15:07

ラストラン

駐車場を2台確保して1ヶ月弱だけコルトラリーアートバージョンRスペシャル2台体制を敷いていました。
その間、赤コルトのスタッドレス&アルミホイール、スピーカーを交換しました。スピーカー交換の際はデッドニングも施工。
その他、トノカバーやダッシュボードトレイやらも移植しました。
ドラレコは購入時から着いていたものがあるので、ルーフトリムを外してデッドニングをする際にでも交換する予定です。

移植作業も終わったので本日行きつけのディーラーに持っていきました。
10年超30万キロ近くの車両なので廃車費用を取られる事も覚悟していましたが、御祝儀査定(?)で数万円も値が付きました。
昨日ナビを注文したのでその費用に充てます。
コルト(赤)のラストラン


コルト1 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/03/13(日)19:27

特別な2台目

次期車両を名古屋から引き取ってきました。
コルト ラリーアート バージョンR スペシャル
から
コルト ラリーアート バージョンR スペシャル
に乗り換えです。
コルトラリーアートバージョンRスペシャル


前車は1回目の300台限定車でしたが、今回は追加の200台限定車の方です。
アルミホイールがシルバーになっていたり、シリアル番号のプレートがなかったりと多少コストダウンされていますが、動作性能は同じはずです。
26万kmと7万kmの変化を感じたのはシートに座った瞬間。
シートがかなり硬く感じました。見た目は変わらないし、普段座っていると気が付かないのですが、26万kmも走るとかなりへたっていたようです。
あとはシフトチェンジの感覚も同じ車とは思えないほど違いを感じました。ノーメンテで26万kmも走ったミッションと比べて操作しやすくなりました。
足回りは購入時に車高調を装着したため比較できず。
一方でフェンダーの樹脂部分は多少白化しており、前車の方がきれいでした。ハンドルも若干前車の方がきれいな気がします。

前オーナーが付けていたナビやETCの他、ブースト計、ターボタイマー、スロコンはそのまま引き継ぎました。
サーキットなり峠なりを走っていそうな装備ですが、販売店の人が言うにはそのような使い方はしていないらしいです。

今後は新たなコルト ラリーアート バージョンR スペシャルで国道走行を行います。


コルト2 | コメント(1) | トラックバック(0)2022/02/26(土)20:00

2年もたず

1年前に「2年は乗るつもり」と書きましたが、先日の1年点検で指摘された修理箇所がかなり高額になるため乗り換える事にしました。

2016年4月、ちょうど燃費偽装で世間を騒がせていた最中に購入したコルトラリーアートバージョンRスペシャル。
購入時の走行距離が既に10万km近かったため、残っていた車検期間10ヶ月+車検1回の3年弱で乗り換えるつもりでした。それが、3回も車検を通して6年弱も乗るとは思っていませんでした。

もちろん買い替えるよりも修理した方が安いのですが、走行距離は26万kmを超えており、過去に指摘されながらも経過観察にしている部品もあるので、それも考えると修理するくらいなら買い替えた方が良いという結論に至りました。レストアしてまで乗るべき車かと言われれば疑問なので…


次期車もこれまでと同じく中古車です。そのため半導体不足による納車遅れを気にしなくてすみます。
これまで白→赤→白→赤と乗り継いで来ましたが、初の黒色です。
早ければ来週、遅くとも再来週には納車される予定です。使える部品は引き継ごうと思っていますので現車からの剥ぎ取り作業が急務です。


コルト1 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/02/11(金)18:06

最前線

昨年12月にR485を走行したばかりですが、1月25~28日にかけて2ヶ所の海上区間を持つR382を走行してきました。
と言っても4日間全てかけた訳ではなく、25日に唐津市と壱岐市を、26日に対馬市内区間を走行しました。
26日の夕方のフェリーで帰っても良かったのですが、24日夜は車での移動、25日夜はフェリーでの移動という強行軍だったため、
疲労も溜まっているため対馬に宿泊しました。27日の夕方に対馬を出て夜に博多港到着。その後は仮眠を取りながら車を走らせ、翌日の昼頃に自宅に到着しました。

R382(唐津市) R382 唐津市
R382(壱岐市) R382 壱岐市
R382(対馬市) R382 対馬市







>>続きを読む


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/01/30(日)18:33

2022年初走行

2022年の初走行は関東甲信越と東北の国道を走りました。
せっかく遠征するのでもう少し多く走りたかったのですが、8日が用事でつぶれてしまったので3本だけになってしまいました。
3本走行したうちのすべてが再走行です。

1月9日(日)
R146 R146

1月10日(月)
R457 R457

R284 R284

遠征前に降雪があったのである程度の雪は残っていると思っていました。
山や田畑のみで路面には残っていないと踏んでいたものの、宮城・岩手県の内陸部は路面にも積もっていました。


国道 | コメント(0) | トラックバック(0)2022/01/12(水)19:34

2021年の更新終了

本日更新したR466が2021年最後の更新です。

走行した本数は48本と昨年の2倍以上でした。
新規に走行した本数は15本と昨年比1.5倍でした。
3泊以上の長期遠征がなかった半面、2泊以下の短期遠征が多かったため、走行距離は北海道を走り回った一昨年を上回りました。

2022年は49本以上(新規16本以上)を走るなどとという目標は設定せず走りたい時に走りに行く精神で臨む所存です。


日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2021/12/31(金)12:50

«  | HOME |  »


プロフィール

01

Author:01
『国道を往く』の管理人です

月別アーカイブ

ブログ内検索